設計開発業務 > モジュール開発

モジュール開発

高い競争力の源泉となるコンポーネント・周辺機器の開発

富士ゼロックスアドバンストテクノロジーの開発領域:モジュール開発(メカ機構モジュール開発、組込みデバイスソフトウェア及びハードウェア開発、コントローラ開発)、カスタマイズ開発、商品開発、専門開発

モジュール開発とは、複合機やプリンターを構成するコンポーネントや周辺機器の設計開発を指します。具体的には、後処理装置(フィニッシャー)、原稿読取装置(スキャナー)、用紙搬送、電気・電子回路、制御ソフトウェア、コントローラソフトウェア、ユーザーインターフェース、本体外装カバーなど、幅広い領域にわたります。

コピー、プリント、スキャン、FAXといった基本機能に加え、インターネットを含むネットワークとの高度な親和性をもちながら、徹底した省エネ性能と卓越した操作性を実現するなど、複合機やプリンターの進化を支えるコンポーネントを開発しています。
また、複合機やプリンターの進化とともに、周辺機器に求められる機能も高度化・複雑化しています。例えば、オンデマンドでパンフレットなどの多品種少量の印刷や、冊子、マニュアルなどを内製化する取り組みが活発化しています。このようなお客様においては、高速高画質のプリント出力を高い信頼性で実現すると同時に、複雑な後処理機能が求められます。これら周辺機器の開発を、機構・駆動設計をはじめ、センシング・光学技術、ソフトウェア技術など、多彩な技術を融合して進めています。

今後は、新興国市場向けの低価格商品の拡充やデジタル印刷市場の拡大を視野に入れて、全てのコンポーネント・周辺機器について、ハイレベルな品質・機能を追求していきます。

技術領域

複合機やプリンター、高速デジタル印刷機、ワイドフォーマット機などの卓越した商品や、お客様の用途や要求に合わせたソリューションの提供を支えるための技術を紹介します。

機構・外装設計技術

先進技術と蓄積された技術の融合により、小型プリンターから超大型デジタル印刷機まで多様な機器の多岐にわたる機構部品を設計・開発する技術を有しています。

電気・電子回路設計技術

高速化・高画質化が進む複合機やプリンターなどを安定して駆動させるための電気・電子回路を設計する技術を有しています。

コントローラ技術

プリントやコピー、スキャン、FAXなどの基本機能の制御に加え、カスタマイズやソフトウェア連携による付加価値化を可能とするコントローラ技術・ソフトウェア/ハードウェア設計を有しています。

組込みソフトウェア技術

複写機、プリンター、関連機器の内部機構や電気回路を開発者の要求通りに制御する組込みソフトウェア技術を有しています。

アプリケーションソフトウェア技術

複合機やプリンターと連携して、特定の業種や業界あるいはお客様の個別の用途や要求に応えるためのアプリケーションソフトウェア開発技術を有しています。

社員インタビュー

技術者が語る開発/設計の醍醐味をご紹介します

詳細はこちらへ